最近、朝早く起きてしまう。寝た気がしないのはなぜ?

その症状はもしかしたらうつ病が関係しているかもしれません。

うつ病の方は早朝覚醒という、早朝に起きてしまう症状が多くみられます。

うつ病と不眠(睡眠障害)には深い関係があり、うつ病のほとんどの方が睡眠に関する問題を抱えています。

本記事ではうつ病と不眠(睡眠障害)がどのように関係するのか、対策を含め説明します。

 

うつ病患者で睡眠障害のある人は8割以上

睡眠障害の症状は様々な病気やストレスなどによって起こりますが、うつ病を発症している方の80%以上が睡眠障害です。

睡眠障害には不眠と過眠があり、うつ病では不眠が多くみられます。

うつ病の診察ではなく、眠れないという理由で病院にいったらうつ病と診断される方もいます。

 

メランコリー型うつ病と非定型うつ病

うつ病にはメランコリー型うつ病と非定型うつ病があります。不眠はメランコリー型うつ病によくみられます。

メランコリー型うつ病

メランコリー型うつ病は真面目な責任感のある方がなりやすいです。特徴は以下のようなものです。

  • 真面目すぎる
  • 責任感がある
  • 頑固である
  • 他人や周囲に対して配慮できる
  • 食欲がなくなる、痩せる
  • 眠れなくなる(不眠)
  • うつ病かもと感じても隠す

真面目で責任感があるために自分を責め過ぎてしまい、ストレスが発散できずにメランコリー型うつ病を発症してしまうケースが多いです。

 

非定型うつ病

非定型うつ病は新型うつ病とも呼ばれる若年層に増えているうつ病です。メランコリー型うつ病とは対象的な症状がみられます。特徴は以下のようなものです。

  • 体重増加や食欲増進
  • 過眠
  • 責任のある仕事や作業をやりたがらない
  • トラブルを他人のせいにしがち
  • 自分が好きなことをしている時は症状がでない
  • 気分屋にみえる
  • うつ病を発症したことを環境のせいにする

非定型うつ病を発症している方の多くはわがままにみられてしまいがちですが、本当に苦しんでいます。

非定型うつ病の方はどんなに眠っても疲れがとれない、寝すぎてしまう(過眠)といった症状が続きます。

 

うつ病と不眠の関係

うつ病と不眠の関係

うつ病を原因とした不眠の場合、睡眠薬を飲んで一時的に不眠が解決したとしてもうつ病がよくならず、睡眠薬をやめた途端にうつ病によって不眠が再発する可能性があります。

また、不眠があると、不眠がない方に比べてうつ病に約4倍かかりやすいということがわかっています。

このように、うつ病と不眠は強いつながりがあるのです。

 

うつ病によっておこる不眠の特徴

不眠には種類が4つあります。

  • 入眠障害・・・寝つきが悪く、なかなか眠れない
  • 中途覚醒・・・夜中に何度も目が覚めてしまう
  • 早朝覚醒・・・朝早くに目覚め、そのまま眠れない
  • 熟眠障害・・・よく寝たつもりでも、眠りが浅く寝た気がしない

うつ病による不眠は早朝覚醒」によるものが典型的な症状です。(うつ病患者すべてが早朝覚醒ではありません)

通常であれば睡眠によって脳の疲れがとれるのですが、早期覚醒によって脳の疲れがとれていない状態となり、一日中だるい、からだが重いといった症状がみられます。特に午前中に症状が重くなるパターンが多いです。

 

不眠の原因は?本当にうつ病か

ここまでの説明を読んで、あれ?もしかしてうつ病による不眠じゃないかも?と考えている方もいらっしゃるかと思います。不眠はうつ病によるものだけではありません。

不眠の原因には以下の5つの要因があるといわれます。

  • 身体的原因 :怪我や手術の後の痛みなどがあるため眠れない。加齢。 
  • 生理的原因 :時差ぼけや昼と深夜のシフトが交互にくるような、生活リズムの乱れのために眠れない
  • 心理的原因 :仕事や家庭での人間関係やトラブルなど、悩み事があるために眠れない。
  • 精神医学的原因 :うつ病などの心の病気が原因となって眠れない。 
  • 薬理学的原因 :コーヒーなどに含まれているカフェインの作用で眠れない。また、医薬品が眠りのリズムを乱して眠れない。

ストレスが多い現代社会では何が不眠の起因となっているか特定しにくいところがあり、女性の場合は生理や妊娠などの影響も受けます。

病院に相談すると共に、カウンセリングを受けたり、生活リズムが乱れている方やカフェインをよく摂取する方は、まず生活習慣を見直してみましょう。

不眠とセロトニンの関係|眠れないのはセロトニン不足?

 

うつ病による不眠の対策

うつ病の薬 抗うつ剤

既にうつ病の症状がでている方は心療内科や精神科で薬を処方してもらうのが良いです。薬は怖いと思う方もいらっしゃるかと思いますが、重症化する前に対処するのが最善です。

抗うつ薬はどのようなものか、病院にいかずにできる対策も説明します。

 

うつ病の治療薬はどんなもの?

うつ病に使用する薬は抗うつ剤と呼ばれ5つに分類されます。

  • 三環系抗うつ薬
  • 四環系抗うつ薬
  • SSRI
  • SNRI
  • NaSSA

抗うつ剤は神経伝達物質であるセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンに作用するもので、それぞれの神経伝達物質が減少すると以下のような症状が起こります。

  • セロトニン(不安になったり、落ち込んだりする)
  • ノルアドレナリン(意欲や気力が低下する)
  • ドーパミン(興味や楽しみが減る)

抗うつ剤の中でもSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は吐き気や胃の痛み、下痢などの副作用が少ないためよく使用される薬で、簡単に説明するとセロトニンを増やす効果があります。

セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれ、セロトニンを増やすことで不安や落ち込みを軽減し、うつ病を治していきます。

ただ、人によっては薬の副作用で仕事に支障がでてしまったり、効果がないと感じる方がいるかもしれません。そのような方や、薬に頼りたくない方は以下の対策を実践してみてください。

 

薬を服用する以外の対策(セロトニンを増やす方法)

薬の作用にもあるように、セロトニンを増やすことがうつ病の改善に有効です。セロトニンを増やすにはどのような対策が有効なのか紹介します。

  • 朝日を浴びる
  • ウォーキング、ジョギングなどのリズム運動
  • バランスの良い食事
  • セロトニンを増やすサプリを飲む
  • 寝る前のスマホやTVをやめる
  • カフェイン、アルコールを控える
  • 夜にタバコを吸わない
  • ハーブティーやアロマでリラックスする

上記のような対策が有効です。朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴びて、朝食をしっかり食べて、毎日少しでも運動をするという健康的な生活がうつ病には効果的です。

本サイトにはやセロトニンを増やす食べ物などを別の記事で紹介していますので、参考にしてください。サイト内で検索もできます。

うつや不眠を改善するセロトニンを増やす食材|バナナが最高

TOPページに戻る

 

うつ病は治りにくい病気と理解しておく

薬を飲んだり生活習慣を改善しても、うつ病は治りにくい病気です。

ある程度治ったと感じても、一部の症状が残ってしまうこともあります。特に不眠は残りやすい症状です。

自分の判断で薬を止めたり、すぐに生活習慣を元に戻すのはやめましょう。

 

再発することも

うつ病や不眠が治っても再発してしまう場合があります。

睡眠問題のある患者は2年後の再発率が30%ともいわれています。

一度治っても症状が繰り返すのはつらいですが、再発の兆候がある場合は決して放置せずにすぐに対処することが大切です。

 

 

まとめ

うつ病は身近な病気です。うつ病かもしれないと感じている方、すでに生活や仕事に影響が出てしまっている方は病院で薬を処方してもらいましょう。

早期の対処が有効です。病院の先生に話を聞いてもらうだけでも安心すると思います。

薬を飲むだけでなく、普段の生活習慣も少しずつ改善して心地良く深い睡眠を目指しましょう。